加茂 有香(Yuka Kamo)

ドイツ、レックリングハウゼン出身。13歳で最初のファゴットのレッスンをJens-Hinrich Thomsenに師事し、マンハイム音楽大学(Staatliche Hochschule für Musik und Darstellende Kunst Mannheim)にてOle Kristian Dahlに師事。その後、2006年より引き続きケルン音楽大学(Hochschule für Musik und Tanz Köln)にてGeorg Klütschに師事し、2016年にケルン音楽大学(Hochschule für Musik und Tanz Köln)国家演奏家資格課程を満場一致の首席で卒業。これまでにソリストとしてヴェストファーレン・新フィルハーモニー管弦楽団(Neue Philharmonie Westfalen)などと共演。また、Klaus Thunemann、Sergio Azzolini各氏などの著名な演奏家のマスタークラスを受講。ドイツ・音楽生活基金コンクール(Deutsche Stiftung Musikleben)にて助成を受け、ドイツ大学コンクール(Deutscher Hochschulwettbewerb)にて特別賞、ルクセンブルクのユニオン・グランド-ダック・アドルフコンクール(Union Grand-Duc Adolphe)では審査員の満場一致で優勝するなど、幼少期より数多くのコンクールで受賞。2009年より一年間首席ファゴット奏者としてダルムシュタット・州立歌劇場管弦楽団(Staatsorchester Darmstadt)に所属し、翌年実習生としてバーデン=バーデン・フライブルク・南西ドイツ放送交響楽団(SWR Sinfonieorchester Baden-Baden und Freiburg)にて研修を積んだ後、2011年より北西ドイツ・フィルハーモニー管弦楽団(Nordwestdeutsche Philharmonie)首席ファゴット奏者。

 nwd-philharmonie Photo: Marco Borggreve