リサ・ロジャース(Lisa Rogers)

アメリカ合衆国、コロラド州デンバー出身。14歳よりホルンを始める。コロラド大学・ボルダー校(University of Colorado Boulder)にてMichael Thorntonに師事し、在学中、弱冠19歳にてフォート・コリンズ交響楽団(Fort Collins Symphony Orchestra)に入団。修士課程をニューヨーク・マンハッタン音楽学校(Manhattan School of Music in New York)にてJerome Ashbyに師事。修士卒業二日後、香港フィルハーモニー管弦楽団(Hong Kong Philharmonic Orchestra)の首席ホルンオーディションに合格し、2006年から2010年まで所属。その後、ドイツに活動拠点を移し、ハイデルベルク・市立フィルハーモニー管弦楽団(Philharmonisches Orchester der Stadt Heidelberg)を経て、2012年よりデュッセルドルフ交響楽団(Düsseldorfer Symphoniker)首席ホルン奏者。2014年より講師として、デュッセルドルフ・アントン・ルービンシュタイン記念音楽アカデミー(Internationale Musikakademie Anton Rubinstein)にて後進の指導にあたる。